ドライオーガズム!前立腺で何故イケる?

前立腺マッサージとドライオーガズム

前立腺は男性だけにある器官ですが、そもそも女性の子宮の後退器官であると言われています。
人間は胎児の発生段階では全員女子で、発育段階の決定遺伝子によりペニスが出来てきたり出来なかったりして男女の性別に分かれます。
前立腺内にある前立腺小室という部分が、女子に発育していれば子宮となるはずだった器官なのです。
つまり、前立腺は男の子宮ってこと!
もっと細かく言うと
(男)前立腺=(女)スキーン腺
(男)前立腺小室=(女)子宮
実際に、足つぼの反射区は『前立腺』と『子宮』は同じ位置にツボがあります。

つまり、前立腺マッサージでドライオーガズムを迎えた感覚は、女性がポルチオ(子宮)でイッた時と同じ!
ドライオーガズム=ポルチオ(子宮)イキ

そして、女性のスキーン腺は女性の射精(潮吹き)にも関係していると言われています。

男性のお尻の穴って素晴らしい性感帯だったのです。男性のお尻の中には女性の性感帯が詰まってるのですね♪

正に女性のイクって感覚を体感できるのです。

男の潮吹きもドライオーガズムも前立腺マッサージがあってこその快感なのです♪

ドライオーガズム=ポルチオ(子宮)イキ

はじめに、ポルチオ(子宮)イキした女性の反応は?
女性はクリトリスやGスポットで絶頂を感じた場合、脳内に『アドレナリン』が分泌されますが、ポルチオ(子宮)でイクとアドレナリンの他に幸福感を感じた場合に出る『オキシトシン』、『セロトニン』といったホルモンが同時に脳内に分泌されます。

なので、クリトリスやGスポットでイクよりもポルチオ(子宮)でイッた方が「深い」とか「大きい、広い」と表現する女性が多いです。

実はこの「ポルチオ性感帯」は女性が最も感じる場所と言われています。女性が中イキするためには、Gスポットだけではなく、
ポルチオ(子宮)への刺激も必要です。体の奥からズンズンと気持ちよさが広がります。
また、オーガズムを立て続けに感じる連続イキも可能になり、頭が真っ白になって絶叫を上げてしまうほど。

・頭から足の指先まで全身に響き渡る快感。
・腰が抜けたように、急に「ガクン」と脱力し力が入らなくなる。
・全身がプルプルと痙攣が止まらない。
など、ポルチオ(子宮)イキした女性は以上のような感想が多いです。

??コレってドライオーガズムと一緒の感覚では?
ドライオーガズム経験者ならわかるかと思いますが、
『何度も繰り返すオーガズム』
『全身を駆け巡る快感』
『ベットを飛び跳ねるほどの全身痙攣』
『射精とは全く異なる異次元の気持ちよさ』

ドライオーガズムとは女性のポルチオイキを体験しているのです!!

ちなみに、ドライオーガズム時に脳内に分泌される『オキシトシン』、『セロトニン』というホルモンによってうつ病が改善されるとも言われているようです。