『男の潮吹き』のメカニズムや噴出液が解明

第29回日本性機能学会にて男の潮吹きが解明

性行為中に起こる『潮吹き』女性に起こるものと考える人が多いが、男性に起こる現象であることが明らかになっている。
回春堂グループの登録商標であるこの『男の潮吹き』の現象について、川崎医科大学泌尿器科講師の原綾英氏らは、超音波カラードプラを用いて『男の潮吹き』を捉えることに成功したとのこと。
そのメカニズムや噴出液について解析した結果を、第29回日本性機能学会(9月13〜16日)で報告があった。

日本性機能学会

女性の潮吹きについてはすでに解明済み

女性の『潮吹き』についてはスキーン腺からの白濁液と尿失禁であることが2018年に解明されている。
(Int Urogynecol J 2018; 29: 621-629)

翻訳はこちら↓


はじめにと仮説:
女性は性行為中に様々な種類の水分を排出します。これらは性的興奮とオーガズムまたは性器失禁の症状です。この研究は、これらの現象を区別するための診断スキームを提案することを目的としています。方法:
Web of Science and Ovid(MEDLINE)データベースは、性的活動中の女性のさまざまな体液排除現象に関する記事を1950年から2017年まで系統的に検索されました。

結果:
性的刺激を受けた経膣滲出液からなる可変量の血漿の限外濾過液は、膣潤滑を可能にする。女性の射精(FE)は、オーガズム中に女性の前立腺(Skene腺)が数ミリリットルの濃厚で乳白色の液体を分泌することです。これには前立腺特異抗原が含まれています。潮吹き(SQ)は、さまざまな濃度の尿素、クレアチニン、および尿酸を含む10分の1ミリリットルの尿の形の経尿道的経尿道排出と定義されています。 FEとSQはメカニズムが異なる2つの現象です。性器失禁(CI)は、浸透性尿失禁または排尿筋活動亢進と関連する可能性がある浸透型とオルガスム型に分類することができます。

結論:
潮吹き、FE、およびCIはさまざまなメカニズムを持つ異なる現象であり、性的活動の間の出所、量、排除メカニズム、および主観的感情によって区別することができます。

 

射精から潮吹きまでを経直腸エコーで観察


日本性機能学会 第29回学術総会、男の「潮吹き」の真実|超音波カラードプラを用いた射精後現象の解析より抜粋
”性行為中の潮吹きは、一部の男性においても認められることが知られている。それは、射精後も陰茎刺激を続けることで外尿道口から多量の液体が噴出し、射精とは異なるオルガズムが出現する現象といわれている。しかし、その機序と噴出液の成分に関する学術的報告は見当たらない。そこで原氏らは、超音波カラードプラを用いて、男性の潮吹きに関する検討を試みた。方法は次の通り。健常ボランティア男性(25歳)に砕石位で直腸内にプローブを挿入し、膀胱頸部、前立腺部尿道、球部尿道が描出されるよう調整した。この姿勢で女性協力者による用手的陰茎刺激を加え、射精を誘発。射精後も陰茎刺激を続行することで、被験者の潮吹きを誘導した。”

 

難しいので分かりやすく、勝手に解説すると

25歳の男性を砕石位の態勢で
↓こんな態勢にして
砕石位
肛門から超音波の器具(妊婦さんのお腹の赤ちゃんを見るようなやつ)を挿入し、膀胱頸部、前立腺部尿道、球部尿道の動きを同時に見れるような状態で、

おそらくこんな感じ↓
超音波ガードプライメージ
この姿勢で女性に手コキをしてもらい射精。そまま亀頭攻めで『男の潮吹き』をさせて一連の臓器の動きを観察してみたってこと。

ここで、
膀胱頸部:膀胱から尿道が出ていく部位。
前立腺部尿道:前立腺を通る尿道。
球部尿道:玉袋付け根部分を通る尿道。
膀胱頸部、前立腺部尿道、球部尿道
 

前立腺部尿道が開大・収縮を繰り返す間に液体が噴出


日本性機能学会 第29回学術総会、男の「潮吹き」の真実|超音波カラードプラを用いた射精後現象の解析より抜粋
”通常、射精は、陰茎刺激により前立腺部尿道に前立腺液が分泌された直後に膀胱頸部が平坦化して、内尿道口が閉鎖されることによって生じる。射精後、膀胱頸部は速やかに開大して元の形状に復する。
ところが、今回の被験者に射精後も陰茎刺激を続行したところ、膀胱頸部が平坦化したままの状態で、前立腺部尿道に膀胱尿が引き込まれていく様子が観察された。
そして、射精終了後約20秒で前立腺部尿道が開大と収縮を繰り返す現象が生じ、その間、尿道口から透明の液体が霧状に噴出した。
前立腺部尿道の開大と同時に膀胱頸部が開大し、直後に膀胱頸部が閉鎖して前立腺部尿道が収縮する現象も見られた。
これらのことから、噴出した液体は膀胱尿が主体であると推定された。開大と収縮は、約50秒間で20回認められた。”【噴出液の主成分は尿】
外尿道口から噴出された液体を原氏らが調べたところ、クレアチニン値が55.9mg/dLを示し、主成分は尿であることが分かった。
被験者によると、外尿道口から液体が噴出している最中のオルガズムは、「我慢した後に排尿した感覚」と「射精した感覚」が合わさったようなものだったという。

同氏は、超音波カラードプラ像を示しつつ男性の潮吹きのメカニズムを次の通り要約した。射精終了後も陰茎刺激を続けることにより、
膀胱頸部は平坦化した状態を保ち、前立腺部尿道に膀胱尿が流入。その後、収縮と拡張を繰り返すことで前立腺部尿道に空洞が生じ、
前立腺が強く収縮して外尿道口から尿が射出される。その後、膀胱頸部が開大して元の形状に戻る。
同氏によると、一連の現象のイメージとしては、緩く重ねた両手のひらの間に水を入れ、両手を勢いよく閉じて中の水を押し出す、
手を使った水鉄砲に近いという。
「男性の潮吹きとは、射精後の継続的な陰茎刺激で主に前立腺の強力な収縮と拡張により生じる、膀胱尿が噴出する現象であった」と同氏は結論した。

 

また分かりやすく勝手に解説

通常の射精は、尿道に前立腺液が分泌されて膀胱頸部が「キュッ」締まって尿道の付け根が閉鎖されることで精液が尿道口から噴出する。
その直後に締まった膀胱頸部が緩んで賢者タイムに突入・・・
ところが、『男の潮吹き』を誘発するために、射精直後に休む間もなく亀頭攻めを続行したら、膀胱頸部が緩むことなく締まったままの状態で
膀胱に貯まった尿が強制的に尿道へ引き込まれて行き、前立腺尿道が痙攣を起こしたように開大と収縮を繰り返す現象が生じ、その収縮の勢いで尿道口から透明の液体が何度も噴出されるってこと。
その透明な液体の主成分は尿であることが分かり、膀胱尿と推定。ただ、なぜ『男の潮吹き』で噴出する液体が尿であるはずなのに透明なのかは・・・
もしかすると、膀胱に貯まる前の尿も強制的に引き込んでるのかも??今回の解析は膀胱から尿道口までの調査なので・・・
『男の潮吹き』で感じるオーガズムは「我慢した後に排尿した感覚」「射精した感覚」が合わさったようなもの。

女の潮吹きと『男の潮吹き』まとめ

以上の報告より、男性も女性も潮吹きの成分の大半は尿らしい。
性行為においての潮吹きが女性のモノと多くの人が考えるのは、男性より女性の方が尿失禁をしやすいから?
女性が尿失禁しやすい2つの理由
【尿道が直線で短い】
男性の尿道は長く、S字にカーブになっているので尿失禁をしにくい形状となっているが。女性の尿道は男性の尿道よりも短くて直線なので、お腹に力が入いると尿失禁してしまう場合がある。
【骨盤底筋が緩みやすい】
骨盤底筋と呼ばれる股間にある尿道、膣、肛門を締める筋肉が、加齢、肥満、出産により緩み易いため、腹圧が加わった瞬間の尿道をしめる力が不良となり、尿失禁をしてしまう。

以上のような理由もあるが、そもそも一般的な性行為では男性が女性を気持ちよくさせるため一生懸命に攻めるのが前提で、クリトリスや膣内(Gスポットなど)を愛撫することで、女性は絶頂を迎えそのオーガズムによって、お腹に異常なまでの力が入りその腹圧によって、骨盤底筋が痙攣を起こし『潮吹き』(尿失禁)してしまうってこと!
骨盤底筋が痙攣を起こしてしまうくらいの気持ちよさ(オーガズム)ってこと!

同じように、男性も前立腺尿道が痙攣するくらいのオーガズムを迎えると『男の潮吹き』してしまうってこと!

せっかく男として生まれたアナタ!射精後のその先にあるオーガズムを体験してにては?

回春堂では女性の中イキと同じような快感♪ドライオーガズムも同時に体感